肥満体型から細身に変身|魔法のサプリで激痩せ

婦人

知ることで治ります

ウーマン

肩こり解消のためにはまず、肩こりの基本的な原因を知ることが大切です。その多くは、デスクワークなどで長時間同じ姿勢でいたり、猫背などの姿勢にあると言われていますが、適度なストレッチやカイロなどで温めることでより改善されます。

もっと詳しく

睡眠が左右する

睡眠

モットンのような高反発マットレスは、適切な使い方をしないと効果が薄れてしまい、快適な睡眠が取れずに腰痛などを引き起こしてしまいます。また、健康に良いとされている寝具には、それぞれに違った特性があることを覚えておく必要があるのです。

Read More

腰痛には少し硬めを

寝具

高反発マットレスは硬い素材の上にひく必要があり、下の素材と力を合わせ体重分散することにより腰痛防止や睡眠の質を上げることに役立ちます。しかし定期的に購入しないとヘタって高反発マットレス本来の役割はできないこともあります。

Read More

女性ホルモンが影響

腹部

エストロゲン不足

肥満は、平均的な体重よりも多い、または体脂肪が過剰に体内にため込んでしまっている状態をいいます。女性の場合、エストロゲンが不足すると肥満になりやすい体質になってしまうといわれています。女性ホルモンの1種であるエストロゲンが不足すると、空腹を感じるホルモンであるグレリンが増えてしまい、食欲が止まらなくなると伝えられているのです。たくさん食べて1日の消費カロリー以上のカロリーを摂取してしまい、燃えきれなかった脂肪が残って蓄積していきます。肥満となれば疲労感がとれず、体を動かさなくなります。そして大きな病気にかかる可能性を高めてしまいます。肥満体質を改善させるためにはエストロゲンを増やし、女性ホルモンのバランスを整えていくことが必要です。

取りすぎにもご注意

エストロゲンは女性にとって必要なホルモンといわれています。しかし過剰に取るのも体に良くありません。実はエストロゲンは、適量を取り入れてバランスを整えることができれば肥満を予防し、健康的できれいなスタイルを維持することができるのですが、過剰に取りすぎると逆に太ってしまうといわれているのです。イソフラボンを取り入れて女性ホルモンの分泌をよくしていく女性は多くいますが、サプリメントで多くとってしまうと逆効果となります。一番良いのは、生活習慣を改善させ、バランスのとれた食事を取り入れていくことでエストロゲンを適量に摂取していくことができるのです。イソフラボンは大豆に含まれる成分で、豆腐や豆乳など普段から摂取するだけで肥満を改善させることができます。